• HOME
  • 礎の石孤児院とは

礎の石孤児院とは

私達の孤児院は、1997年に始まりました。

2001年4月に、東京・五反田に事務所を開設し、本格的な働きがスタートしました。

2001年12月14日には、「特定非営利活動法人」として東京都から認定され、“NPO法人・礎の石孤児院”としての正式な働きが進められています。

さらに、2011年8月、国税庁から認定NPO法人としての認定を受けました。

現在、カンボジア、フィリピン、ザンビアに直営の孤児院の働きがあり、現地スタッフのともに働きを進めています。

以前は他団体が行っている孤児院(ルーマニア、インドなど)への経済的サポートを中心に行ってきましたが、私達はこれら孤児院へのサポートを継続するとともに、さらに直営の孤児院を拡大しようと働きを進めています。

ビジョン

わたし達「礎の石孤児院」は1997年、カンボジアでの孤児院建設から始まりました。

同年11月から孤児たちを受け入れ始め、現在24名の子供たちが在院しています。

ザンビアでは2003年から孤児院建設へと動き始め、同年10月に建物が完成、2006年から子供たちを受け入れはじめました。他にもフィリピンやブラジルの働きが進められています。

今はまだ数箇所の段階ですが、将来的には、世界の五大陸で90ヶ国以上の国に孤児院の建設を目標としています。

日本でも、子供に関わる事件、事故は毎日のように報道されており、現代は子供たちにとって受難の時代と言われています。そして、この「受難」は日本だけでなく、世界各地にも言えることです。

ですから、わたし達「礎の石孤児院」は、世界中の子供たちに目を向け、一人でも多くの孤児たちを助ける事が出来るようにと、全世界に向けての孤児院建設をビジョンとしています。

わたし達の働きに少しでもご理解頂ければ幸いです。

礎の石孤児院理事長   北野 直人

礎の石孤児院の事務局の活動

【礎の石孤児院総会】

年に一度、理事や、孤児院パートナーが集い、活動の報告、次年度の活動計画を発表する時を持っています。

礎の石孤児院総会1 礎の石孤児院総会2

【支援物資の受付と各孤児院への送付】

孤児院事務局に送られてくる物資を船便や、空輸で送っています。

支援物資の受付と各孤児院への送付 支援物資の受付と各孤児院への送付

日本ファミリーホーム開設の支援

2011年3月に発生した東日本大震災以降、日本における児童養護の働きとしてファミリーホーム開設のための支援活動を行っています。

2013年3月、福島県郡山市にファミリーホームを開設するための土地の購入費用、2015年5月着工開始した家屋建築の費用は礎の石孤児院で集められた支援金 が用いられました。(建築完了は2015年8月) (ファミリーホーム運営母体:社会福祉法人「からし種の会」)

日本の児童養護施設設立の支援1 日本の児童養護施設設立の支援2

カンボジア孤児院

前田克子さんが孤児院の開設準備のため派遣される。 1997年11月 孤児を受け入れ、本格的な活動を開始。 1997年5月

プノペン市内に移転し、多くの孤児たちを受け入れる体制が整う 2001年2月

カンボジア政府より「NGO団体」として認可。2016年3月 現在、24名(HIV感染児は4名)の子どもたちが生活しています。

年々孤児の受け入れ数が増加するため、施設の移転拡張が必要になってきています。

孤児院の子供たち1 孤児院の子供たち1

フィリピン孤児院

ミンダナオ島でフィリピン人スタッフのエディ・エミアさんを中心に孤児院を運営しています。

2012年7月現在、ダバオ市、マハヤハイ、スモーキーマウンテン、スワワンで40名の子どもたちを受け入れています。

孤児院の子供たち1 孤児院の子供たち1

ブラジル孤児院

2002年11月 グアララペス市に約7000坪の土地と建物を取得。 2003年2月 森原陽子さんが現地責任者に就任 松本弘子さんが現地スタッフに就任。

2012年11月現在、サンパウロ市近郊への移動と孤児院再スタートのために準備中です。

孤児院の子供たち2

ザンビア孤児院

2003年5月 ザンビア政府よりカセンガ地区に約36000坪の土地の無償提供があり、現地の組織(LSM)と協力関係の下に孤児院の建設に着手。

7月 井戸掘りにより飲料水を確保。

10月 孤児院の建物が完成 2004年9月 青木桜子さんがスタッフとして派遣。電気工事 2006年9月 孤児1名の受け入れ。

2012年3月、首都ルサカでルサカ孤児院をスタートし、中学生になる3人の子どもたちはカセンガから移動しました。

孤児院の子供たち2

その他の孤児院

日本では、福島県郡山市において、児童養護施設設置支援の活動をしております。

ガーナでも孤児院の働きのため、土地が無償で提供され、土地の整地がすすめられています。

また、ルーマニア、インドなどの現地の孤児院の経済的なサポートをしています。 さらに、世界の必要な場所に孤児院を開き、恵まれない子どもたちを支援していきます。 (2012年11月現在)

最新情報

パートナーとは