礎の石孤児院

ブラジル孤児院

2018年4月 マンスリーレポート:松本弘子

皆様のご支援をありがとうございます。日本に一時帰国して1ヶ月がたちました。ご心配をおかけしましたが、体調は完全に回復しました。今日本では、梅や桜の花が咲き始めて綺麗です。先日は礎の石孤児院の東京・五反田の事務所を訪問することができました。理事の方々にお会いして、ブラジルでの働きについて報告させていただく時が与えられ、色々な視点でのご指導やアドバイスをくださって、とても収穫多い時となりました。そして、北安曇野郡小谷村で報告会の時を用意してくださり、多くの方が集まる中、お話をさせていただきました。日頃からご支援くださっている方々もたくさん集まっておられ、限られた時間ではありましたが、個人的にご挨拶することができました。支援してくださっている皆様の励ましに力づけられました。さらに多くの場所で支援要請活動ができますように願っています。引き続き皆様のご支援をどうぞよろしくお願いいたします。
(写真:サポーターの方と松本スタッフ)

只今、孤児院開設の最終的な準備段階に入っています。

ブラジル孤児院 松本弘子スタッフプロフィール

千葉県西千葉出身。
父の転勤で小学校に上がる直前に、東京都清瀬市から今の実家、千葉県養老渓谷へ引っ越した時に、皆の話す言葉の違いに驚きました。
趣味は、いろいろな外国語を学ぶこと、好きなスポーツは、テニスと卓球、ドッジボールはいつも最後まで残っていました。ブラジルのサッカーはあまりに高度すぎで、難しい。
飼っていた猫が死んで立ち直るのに3年半かかりました。

松本弘子スタッフのInstagram