• HOME
  • ザンビア孤児院へのご支援のお願い

ザンビア孤児院へのご支援のお願い

ザンビア孤児院の車は、現在、ギア、タイヤ、バッテリーの故障に加えて、 理解できない雑音や振動があり、修理を加えながら使っていますが、早急に新しい車が必要になっています。 ザンビアは道路が整備されていないため、でこぼこ道を走るので四駆の頑丈な車が必要です。 中古車を購入するとしても、約200万円が必要です。是非このために皆様の ご支援をよろしくお願い致します。

ザンビア孤児院・子どもたちの大学進学費用のご支援

大学進学を希望している子ども達のための学費のご支援をお願い致します。

2015年12月に高校を卒業したフィデリスとテリースは大学進学を希望しております。 フィデリスは司法の勉強、テリースは電気工学の勉強に興味を持っております。大学進学費用に関してのご支援をよろしくお願い致します。

費用は、選ぶ大学により異なり、 寄宿制か否かによって金額が変わりますが寄宿制の場合おおよそ年間70万円ー100万円で可能です。

ご支援いただける場合は、郵送振替とPayPalクレジット支払いの場合は、備考欄に「ザンビア孤児院大学進学費用のため」とご記入ください。

ザンビア孤児院・車のご支援

ザンビア孤児院では、現在、1台の車を持っておりますが、ルサカ孤児院とカセンガ孤児院を行き来するためにもう1台の車を必要としています。道路事情が悪いので日本製の頑丈な車が適しています。

トヨタのプラドを希望しています。購入代金は大体200-250万円です。 ご支援をよろしくお願い致します。

ご支援いただける場合は、郵送振替とPayPalクレジット支払いの場合は、 備考欄に「ザンビア孤児院車購入費用のため」とご記入ください。
銀行振込の場合は、メールにてその旨ご連絡いただけると幸いです。

ザンビア孤児院で現在必要としているもの

① ルサカ孤児院とカセンガ孤児院の運営費が増額されるように。(2016年10月現在、運営費は2つ合わせて16万円です。)

② スタッフ用と子どもたち用のパソコン(中古でも可)8台。
 ・・・ザンビアで中古を調達するのは質的にも難しいので、基本日本調達

③ 車両(普通車・ワゴン車)
 ・・・基本日本調達

④ 家電製品(大型冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、電気ポット、アイロン等)
 ・・・日本と同じくらいの金額

⑤ 遊具(ブランコ、滑り台等)・・各1万3千円~2万円

⑥ 家の修繕費(カセンガ・ルサカ)8万円

⑦ セキュリティガード雇用費(1万円/月)

皆様のご支援をよろしくお願いいたします。

* ザンビア孤児院のために寄付金を送金していただく場合は、ザンビア孤児院のためにと表記していただけますようにお願いいたします。

 

ザンビア孤児院 桜子ムタレ(青木)スタッフのプロフィール

宮城県名取市に生まれる

20歳で青年海外協力隊に参加し、西アフリカセネガルに2年間滞在帰国後、日本福祉大にて、教育と福祉、国際福祉を学ぶ

名古屋市の重度知的障害者の入所更生施設で勤務後、NPO法人礎の石孤児院ザンビアのコーディネーターとしてザンビアに滞在し、現在に至る。

ザンビア人の夫との間に3男あり。

 

最新情報

パートナーとは