礎の石孤児院

ブラジル孤児院

2018年7月 マンスリーレポート:松本弘子

 皆様のご支援を心より感謝いたします。
梅雨に入り、しとしと雨が降る中で紫陽花が嬉しそうです。一時帰国中に、家族で地域の健康診断に行ってきました。主治医のお医者様に色々と注意すべき点について教えていただき、これからの健康管理の中で気をつけていこうと思います。先日は初めて礎の石孤児院の定期総会に参加させていただきました。遠方から参加された理事の方々にお会いしたり、熱烈なサポーターの方とお話したりする機会が与えられ、励まされました。滞在期間も残り少なくなってきましたが、十分に充電して新たな働きのため出発できるよう願っています。
皆様のご支援をこれからもどうぞよろしくお願いいたします。
(写真:真栄城さんご夫妻と松本スタッフ)

只今、孤児院開設の最終的な準備段階に入っています。

ブラジル孤児院 松本弘子スタッフプロフィール

千葉県西千葉出身。
父の転勤で小学校に上がる直前に、東京都清瀬市から今の実家、千葉県養老渓谷へ引っ越した時に、皆の話す言葉の違いに驚きました。
趣味は、いろいろな外国語を学ぶこと、好きなスポーツは、テニスと卓球、ドッジボールはいつも最後まで残っていました。ブラジルのサッカーはあまりに高度すぎで、難しい。
飼っていた猫が死んで立ち直るのに3年半かかりました。

松本弘子スタッフのInstagram